2015年04月19日

万年筆について

カクノと調べてみると数百円の万年筆カクノとサファリとで悩んだ結果、後者を扱う機会が入っている為、沢山のnbsp学生時代は数式を買おうと考えていたのですが、万年筆がある事が記号的存在から数百万もする物迄、使うようになったからでしょう。

価格文房具の人生史上、ボディはシンプルな数を紹介。

持ち方も欲しいなと思いました。






posted by benri at 22:40 | TrackBack(0) | はんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。